Sun xVM VirtualBox 2.0 【サン・バーチャルボックス】

仮想環境を作るソフトです。
普段使っているOS以外ではどのように表示するかとか、
インストールして使えるかとかとTestできるソフトです。
ホストOS :
Microsoft Windows(32bit/64bit)
Linux(Debian、Fedora、Mandriva、Red Hat、SUSE、Ubuntu など)
Mac OS X(Intel版)/Solaris、OpenSolaris(32bit/64bit)
ゲストOS :
Microsoft Windows NT 4.0/Microsoft Windows 2000
Microsoft Windows Server 2003/MS-DOS/Microsoft Windows 3.1
Microsoft Windows 95/Microsoft Windows 98/Microsoft Windows XP
Microsoft Windows Vista
Debian、Fedora、Gentoo、Red Hat、SuSE、Ubuntu などのLinux(Kernel 2.4、2.6)
OS/2 Warp/NetWare/FreeBSD/OpenBSD/NetBSD/Solaris など

私はメインでXPを使用していますが、VISTA ではどのようになるかを検証するのに使っています。
インストールは簡単です。以下のサイトに行ってダウンロードしてきます。
作者のサイト→こちら ダウンロードはこちら

で、VirtualBox 2.1.2 for Windows hosts 【 x86】 をダウンロードしてきます。
それをダブルクリックして、インストールをしていきます。
そして、起動して
【新規仮想マシンの作成】
新規のボタンをクリック→次へ→名前をつけてOSのタイプを選びます。

メインメモリのサイズは向こうで決めてくれますので、それで大体OKです
(後で修正も可能です)
→次へ→
【起動ディスクを作ります】
まず新規をクリック→可変サイズのストレージにチェックが入っているのでそれでOKです。
(動的に容量を変化してくれますので)
→次へ サイズを入れますこれもデフォルトでいいかと思います。
(OSの種類を考慮した上で決めてくれているので)
→次へ→完了
【新規仮想マシンの作成の続き】
次へ→完了
次に起動ボタンをクリックして初回起動ウィザードに従って
新しいOSをインストールします。

CDからインストールするか、imageファイルを指定することも出来るので
ダウンロードしたりしたものは、CDに焼かなくてもOKです。
これで完了です。
後は、自由に簡単に使うことが出来ます。
**設定画面からメモリなどは調整が出来ますので、自由に快適に利用できます。


ネット・PC(全般) ブログランキングへ